セラミド以外の保湿成分

セラミド&保湿効果が期待できるセラミド以外の成分

保湿成分は、水分のキープ方法がいろいろとあります。肌の状態によって使い分けましょう。3つのタイプに分けてみました。

 

チェックマークタイプ1

水をサンドイッチ状にはさみこんでしっかりキープするタイプ。代表的な成分はセラミド。
細胞間脂質の約40%を占める。湿度が下がっても水分をキープできる最強の保湿物質です。
保湿力はセラミドより弱い、スフィンゴ脂質・ステアリン酸コレステロール
水素添加大豆レシチンは大豆から抽出される成分

 

 

チェックマークタイプ2

真皮に元々ある成分などがよく使われる。湿度が下がっても水分を抱え込んだままタイプ
ヒアルロン酸は、真皮にあるゼリー状の物質で、200倍から600倍の水分を蓄える力がある。
コラーゲンは、真皮では弾力を保つ働きだが、化粧品として配合される場合は保湿成分となる。
エラスチンは、これも真皮にある物質。保湿力が強いため、化粧品に配合されることもある。
ヘパリン類似物質は、血液中のヘパリンという成分に水分含有力あることから、類似の成分を保湿成分として応用

 

 

チェックマークタイプ3

水分を吸湿する性質があるが冬場など湿度が低いときには保湿力が下がる。
天然保湿因子は、角質細胞内にある水溶性の成分。保湿力は強くないけど化粧水によく配合さりている。
PG(プロピレングリコール)、グリセリン、1.3BG(ブチレングリコール)は、多価アルコール。吸湿性に優れ、化粧品にはよく使われる成分。保湿力は強くない

page top