スキンケア 疑問

スキンケアに対する間違った常識、つもりになっていませんか?

肌がカサつくときは化粧水をたっぷりつければ、保湿したつもりになっていませんか?

 

人間の肌にはもともと水分を維持する仕組みが備わっています。その機能は加齢とともに低下するのでそれを補ってあげるのが保湿の目的です。肌の水分といえば化粧水と思われがちですが水を与えても蒸発してしまうので保湿になりません。
本当の保湿とは、体の外から水分を取り入れるのではなく、体の内側から湧き出る水分を肌の中で保つようにサポートすること。

 

 

防腐剤だから入っていない方がいいのでは?

 

スキンケア商品は、開封してから数か月という長い期間にわたって連続使用するもので、もし防腐剤が入っていなければ時間の経過とともに雑菌が繁殖し、その結果肌に刺激をもたらすことも考えられます。化粧品に使用できる防腐剤は配合上限が決められています。

 

 

香りのある化粧品は肌に負担になる?

 

香りのある化粧品は女性ホルモンを活性化させ、気持ちを高めてくれます。香りを楽しみたい人は、ある程度香料の入った化粧品を使うのもオススメです。化粧品使われている香料は鼻の近くでほのかに香る程度なのであまり心配はいりません。

page top